> > ケアーズとは

ケアーズとは

ケアーズ訪問看護ステーションとは

ケアーズロゴ「ケアーズ訪問看護ステーション」は、2012年の登場から、わずか4年で日本全国650社を超える大規模ネットワークへと拡大した、日本最大級の訪問看護グループです。
異業種から参入した多くの事業者が新たなマネジメントとナレッジを医療介護業界へと吹き込み、今や日本の地域の在宅医療を支える屋台骨へと成長しております。
質・量・時間の3要素を重要視した、私達の支援サービスはもとより、全国の事例を共有し合うことでより効果的な運営を目指して、日々躍進を続けております。
また、国際医療福祉大学大学院の武藤教授を始めとした有識者の協賛を得、産業技術大学院大学の研究対象となることでナレッジの共有を行うなど、日本を代表する専門知識の吸収に努めることで、グループ全体の知識レベルの向上を目指しております。
「ケアーズ訪問看護ステーション」では、インターネット世代の看護師を効率的に採用するWebサイトの支援など、開業1年で訪問スタッフ10名の採用を実現する採用支援、地域イベントや近隣のケアーズグループ間の協業などにより、ステークホルダーに向けたブランディングを強化することで、1日5件以上の訪問件数を実現する営業支援、訪問スタッフのアセスメント力を向上させる教育支援、地域の中核ステーションを目指し事業規模を拡大させる運営支援など、訪問看護ステーションの開業から運営において必要となる幅広い支援サービスを提供しております。
これによって、数多くの活気ある訪問看護ステーションを輩出し、日本の在宅医療の活性と増大する医療費の抑制に貢献を続けております。

ケアーズ訪問看護ステーションが成長し続けている理由

わずか5年で全国650社、4000名を超える看護師が活躍するケアーズ。
その急成長の理由をご紹介します。
2013年からのご契約数推移
1.徹底したニーズの分析から導くエリアごとの施策提案
ケアーズ訪問看護ステーションの利用者の9割以上が要介護認定者ですが、要介護と一口に言っても、その症状やニーズは人によって様々であり、また、地域ごとに特性や偏りもあります。
そこで、各地位のニーズを徹底して分析することで、効果的な訪問看護の運営へと導きます。エリア分析や提案用の各種ツールを駆使したご支援を提供いたします。
2.訪問看護をサービス業と捉えた独自の支援
訪問看護は専門の国家資格保有者である看護師が主なスタッフとなる在宅医療のビジネスであり、通常は専門分野の事業とみなされることが多いものです。
しかし、訪問看護の本質は、「接遇」のスキルが重要視される「サービス業」です。そのため、事業運営のポイントも専門分野だからと言って特殊な内容となるわけではなく、「サービス業」としての内容となります。「サービス業」としての適切な支援によって事業の成長を支えます。
3.地域の関係者や連携先の課題解決をきっかけとした営業
訪問看護ステーションが連携し、関係を持つステークホルダーは多岐に渡ります。ケアマネージャーや医療機関といった様々なステークホルダーに対する営業を強化するため、それぞれが持つ課題の解決を提供・提案するテクニックをお伝えします。
ケアマネージャーには、医療の専門知識を反映したケアプランの作成を、医療機関には、患者の在宅復帰に伴う日常生活動作の改善施策をというように、それぞれのステークホルダーに適した問題解決方法をお伝えすることで、各社の営業強化に貢献します。
4.専門職である看護師を育てる教育の提供
訪問看護に従事する看護師は、看護師全体のわずか2%程度に過ぎませんでした。その数を就業場所の創出と教育の提供によって伸ばし、割合を大きく引き上げてきたのが、私達ケアーズです。
異業種から新規参入を遂げた企業が専門職である看護師の教育を行うのはためらいも大きいと思いますが、看護評価を行うアセスメントの知識と基準の提供、動画による現場知識の提供、ベテランから新人まで訪問看護を実践的に学べる現地実習など、現場のニーズに沿った多種多様な教育の提供は、多くの看護師に好評です。
5.看護師やリハビリ職が集まる就業制度の設計
医療介護ビジネスにおいて一般的に思い描かれる最大の課題は採用・人材確保です。円滑な採用を進めるための、面接などにおけるコミュニケーションやスキルチェックと言ったテクニックももちろん重要ですが、それだけでは求職者が自ら就業を希望するブランディングを構築することはできません。
就労条件や就労環境を適切なものへと整えることで、継続的に求職者が応募してくる採用に強い訪問看護ステーションを構築することができます。私達はそうした人事面の制度設計からお手伝いをしています。
6.政策と制度の変更に対する迅速な対応
我が国・日本の医療と介護は、皆保険制度によって保障されており、それはビジネスとしても安定しているというメリットがあります。しかし、国の政策・制度であるということは、それが大きく変わる可能性があるということであり、その際の影響は大きなものになりがちです。
私達は、医療政策に通じた専門の識者などから絶えず情報を収集し、制度変更を前もってお知らせできるようにし、影響が大きなものとならないよう、対策を迅速に講じております。

ご契約までのプロセス

Step1

事業説明会参加
訪問看護ステーションの概要、推奨ビジネスモデル、支援(サポート)内容、事例のご紹介、収支事例などをご案内します。

Step2

個別相談等(具体的なご理解、質疑応答)
特別講演会 弊社支援先の成功までの道のり、ご契約後の活動を含めた⽣の事例をご説明します。
個別面談 (営業担当との面談)
地域、企業規模によるビジネスモデル、将来的なビジョンのご提案をします(サポート担当・部⻑との面談)。
また、具体的な事業推進及びご契約後の活動をご説明します。
電話・メール 営業担当による電話・メールを活用した質疑応答、サポートメニューのご案内、具体的なご提案をします。

Step3

重要事項説明
契約内容(重要事項)の説明、契約前後の段取り説明をいたします。
※契約意思決定、決意の確認を確認させていただきます。

Step4

ご契約
弊社より契約書、契約必要書類等をお渡しします。
加盟契約金をお支払いただき、必要書類をご提出ください。

もっと詳しく知りたい方は・・・


お気軽にご相談ください