> > ケアーズ本部が行う訪問看護ステーション

ケアーズ本部が行う訪問看護ステーション

これからの時代が求めるビジネスモデルを横浜市で直営

インキュベクスは、訪問看護テーション運営を中心として「介護の王国」(http://kaigo-kingdom.jp)と名付けた様々な介護サービスの連携によるビジネスモデルによって、これからの時代に求められる「まるごとケアの町」を実現します。直営による開業を、横浜市鶴見区・神奈川区です。

私達が直営する訪問看護ステーションには、早期退院によって在宅復帰が難しい、退院直後の医療依存度が高い方を、2週間~1カ月の短期間お預かりする、民間ベッドとも呼べる療養通所介護の機能を、看護師主体で構築し、併設いたします。

直営ステーションでの待遇事例

ちなみに弊社が横浜で開業する訪問看護ステーションの事務所の広さは100㎡、そこで勤務いただく看護師のスキル、そして待遇は当初からは明らかです。
ここで採用する看護師さんへの待遇はこんなものです。

(弊社で提示した給与例)
基本給:40万円
オンコール手当:1万円×15日 =15万円
※保険別、交通費別
※訪問看護経験:アリ
※訪問看護ステーション経営経験:アリ
※看護師キャリアラダー:レベル5

。。。少々高いように見えるかもしれませんが、理由があるのです。

直営拠点では民間ベッドを当初から併設

横浜では訪問看護ステーションに医療依存度の高い方の預かりを9名まで行います。
※医療依存度の高い方を常時9名預かる(期間;2週間~1カ月)ことで出来る機能に相応しい人員配置を当初から行います。
弊社が行う訪問看護サービスは民間べッド入所の方、そして早期退所された方むけです。

早期出来ない方のためには「住宅型有料老人ホーム」への入居を承ります。

直営で実証する自立支援介護と減薬

ここは中長期的な自立支援介護を提供する場として、機能回復・生活リハビリのスキルを持つ介護士グループを中心とした「介護の王国」住宅型有料老人ホームとして運営します。
それを見守る在宅医や、訪問服薬管理を行う調剤薬局との連携も強化し、減薬の実現や常食化100%といった挑戦も行います。

さらに、住宅型有料老人ホームにおける生活リハビリ等によって、自立ができるようになったご高齢者の方が住まう、見守り機能付きのアパートも準備しております。

これは、介護保険・医療保険などの公費をまったく使わなくても、年金の範囲の家賃で住まえる住宅の機能となっています。
ここでは、訪問介護士、理学療法士を受け入れてケアを提供することはもちろん、場合によっては地域のボランティアや海外からの実習生などを受け入れることなども柔軟に考えて、実現を目指します。

直営拠点に導入する最先端テクノロジー

このように私達は、多職種が連携する複数の介護サービスを直営でも設けることによって、強固な連携の体制が整った「まるごとケアの町」の実現を目指します。

インキュベクスが直営を目指している「介護の王国」では、様々なセンサー等のデバイスを活用し、またそこで得たデータを一元管理することで、ケア効果の向上や安全の確保を目指します。

例えば、ご利用者様の水分管理、栄養管理、歩行(運動)管理、排泄管理を強化・効率化し、安全性の確保を徹底します。
また、ケアプランと実績の差異をデータ上で詳細に把握することで、ご利用者様に無理のない自立の実現と、効率的な自立への導きを目指します。


お気軽にご相談ください
無料説明会受付中!お気軽にご相談ください。[click] 0100000000