> > 診療報酬事務教育

診療報酬事務教育

2018年の診療報酬・介護報酬同時改定でも混乱しない請求事務体制づくり

2018年に向けて、厚生労働省が主導する診療報酬、介護報酬の制度の改正が、これまでになく大きな変化の波をともなって進んできています。更に政府与党では、「新アベノミクス」として、医療、介護の制度改革を政策の要点に挙げており、社会保障の適正化と充実を目指すとしています。

これにより、地域における医療機関と在宅介護サービスの連携が更に重要となります。在宅医療の中心を担う訪問看護サービスも、ますます地域での期待を集めています。

実際の介護・診療報酬の改定スケジュールは、非常にタイトで目まぐるしいものとなると考えられ、新たなルールの策定からその適用までの期間も短いであろうことから、変更点が多ければ多いほど、請求業務が混乱するのは明らかです。

特に訪問看護サービスは、医療保険、介護保険の2つの保険を取扱うことから、その請求業務に必要な知識量も他の介護サービスと比べ倍以上と言う事になります。

こうした2018年の診療報酬・介護報酬同時改定で混乱しない様に、また、月末の請求時に「どこに請求すれば良いのか?」「加算の算定要件が分からない!」と慌てる事のない様に、ケアーズでは様々な教育と支援を行っています。

事業開発部:猪股勇人
事業開発部:猪股勇人

正確に、かつスムーズな請求業務を行う為に、書籍、セミナー、電話だけでなくICTを絡めた他社にはない教育プログラムにも挑戦し、普段忙しい方、遠方の方にもしっかりとサポート致します。


お気軽にご相談ください