> > 支援概要 – 療養通所介護併設支援

支援概要 – 療養通所介護併設支援

療養通所介護併設支援

急増する早期退院患者の「一時預かり機能」を提供

急増する早期退院患者の「一時預かり機能」として訪問看護ステーションに「療養通所介護」を併設することで、病院から指名されやすくなり、訪問看護でのご利用者も獲得しやすくなります。

その他、ブランク、経験不足でスキルに不安のある訪問看護スタッフの研修の場にもなるため、看護師の採用促進や定着率アップにもつながります。

在宅への「一時預かり機能」を持つ療養通所介護は、今、そしてこれから、強く求められるサービスです。

これから訪問看護には在宅復帰が難しい方の受け皿が必要

一方、在宅復帰が難しい中重度患者の新たな受け皿として注目されていながら、収益構造と支援体制の構築が難しいため、なかなか設置が進んでいません。

そこで、現在まで在宅療養の需要があっても進まなかったものをインキュベクスがIoTを活用し安全に運用できるようセットアップし、さらにはヘルパーさんや一般職員など、様々なスキルの方でも戦力として活躍して頂ける様に指導する準備が整いつつあるため、今回のご案内となりました。
医師・ケアマネ・ご家族が納得できる運用システムで医療機関との連携構築が容易になります。

まだまだ新しい取り組みであるがために弊社自身が開業し、その具体的な方法論を皆さまにもご紹介いたします。

看護師:野村 達士 写真

看護師:野村 達士

お気軽にご相談ください
無料説明会受付中!お気軽にご相談ください。[click] 0100000000