> > 支援概要 – スーパーバイザー(SV)が支援すること

支援概要 – スーパーバイザー(SV)が支援すること

スーパーバイザー(SV)が支援すること

エリアを調査し連携推進を指揮しニーズを明らかにする
スーパーバイザー(SV)が事業成長に相応しいコンサルティングを行います。

スーパーバイザーの役割は顧客の事業成長に必要な「人」「モノ」「金」「情報」の適正配分を計画し、その上でクライアント内のインフラを活用した上で病院や地域関係者との連携推進を指揮する立場です。

「SVは地域に存在する病院がどのような計画で、どのようなポジショニングを考えているのか?」その他エリアの医療計画を調査し、エリアの競合分析を行い、積極的に足を使うヒアリングを通じて地域との妥当な交流方法、地域で求められる看護師スキル、経験を明らかにします。

スムーズなエリア戦術推進によって訪問体制を迅速に確立
時として「エリア戦術推進時点」では現場の看護師さんとの議論が長引く場合があります。

具体的には看護師の訪問件数の妥当性や、顧客の属性、オンコール体制の有無、そして給与制度等がそうです。
訪問看護ステーション経営は訪問行為で成り立ちます。

看護師の稼働率を最大限にまで向上させる環境づくり
つまり訪問看護師の価値は訪問請求により成立するわけです。このためSVによる支援が出来る限り訪問看護ステーションに勤務する看護師の稼働率を最大限にまで向上させるためのスケジューリングが大切なのです。

特に支障が無い限りは常勤看護師の1日訪問件数は最低でも5件、PT(理学療法士)の訪問件数は最低が6件は維持する必要があるのです。これらの数値を維持できる環境づくりはひいては看護師、PT等の給与に直接的に反映します。

SVが地域の信頼を得ることで指名される
医療関係者の集いでも「ケアーズ」を知らない方はいらっしゃいませんし、むしろ「ケアーズで働きたい」を耳にします。

全国の弊社支援先の積極的な医療連携を通じて支援先様に仕事を落とし、いい給与でスタッフを迎え、いい待遇が次々と医療関係者を磁石のように集め、さらに医療機関から指名される訪問看護ステーションが出来上がります。しかし、事業成長は毎年のこと、気はぬけません。

私達SVの訪問は、つまり数字をあげるためだけの支援、事業成長を妨げる各種の事情や事象を排除するためのものであり、地域の信頼を得るための活動といえます。

訪問看護の事業成長を知り尽くしたから目指せる3年で月商2000万円
私達は670社の開業支援を通じてどのようなことをやれば事業成長が出来るか?を知り尽くしています。
一方で、失敗するであろう組織づくりや、人員配置もわかっているわけです。
事業計画はクライアントの希望が無い限り、原則3年間では月商2000万円を目指していただきます。

中小企業診断士:滝 和昌


お気軽にご相談ください
無料説明会受付中!お気軽にご相談ください。[click] 0100000000