> > 他業種との比較

他業種との比較

ケアーズと他業種の開業・運営比較

開業資金設備費など売上見込営業利益スタッフ数契約期間
ケアーズ訪問看護

(事業説明会お申込み)

400万円250万円800万円250万円
(31%)
8名2年
塾フランチャイズ 670万円350万円200万円70万円
(35%)
1名3年
飲食フランチャイズ 400万円850万円600万円95万円
(16%)
6名3年
放課後デイサービス 300万円590万円240万円66万円
(28%)
3名6年
小規模デイサービス 300万円400万円355万円77万円
(22%)
5名3年
質屋・リサイクルショップ 500万円725万円109万円
(15%)
1名2年
ネイルサロン 480万円500万円250万円47万円
(19%)
3名5年

ケアーズと他業種の業界比較

ケアーズ訪問看護

保険制度に基づく事業であり、国の医療政策に沿って安定した売上と高い利益率を持ち、売上の上限もない。
顧客開拓の難易度も低く、新規参入のハードルは低い。
一般的に課題とされる医療有資格者の採用も、支援が充実したケアーズであれば安心できる。

塾フランチャイズ

利益率は比較的高いものの、少子化と競合の多さから顧客開拓は難しい。
同様に優秀な講師の採用は、就職氷河期に比べ有名大卒・在籍者が得にくくなり難しい。
初期投資の額が大きめで新規参入の難易度が高い。

飲食店フランチャイズ

事業内容は非常にわかりやすい。
また人気が反映されやすく、短期間での急成長の可能性も高い。
反面、競合は非常に多い。初期投資とランニングコストも大きく、物価変動や風評の影響も大きいため、難易度は非常に高い。

放課後デイサービス

「障がい児の学童保育」とも言われる療養・預かりサービス。
制度としてはかなり新しく、注目度や事業所数は急成長している。
公的な制度に基づく安定感は高いが、人員の確保が難しく、まだ制度自体が過渡期のため、今後、総量規制がなされる可能性もある。

地域密着型通所介護(小規模デイサービス)

2000年代に急増した介護事業。
規制緩和により「お泊りデイ」等ニーズを捉えた小規模の事業者が乱立したが、それが総量規制につながり売上が減少。
顧客獲得も困難となった。現在、倒産件数がもっとも多い介護事業の1つ。

質屋・リサイクルショップ

好不況にかかわらず、常に一定の需要を持つ事業であるが、買取先行によるキャッシュフローの悪さが課題となる。
質屋営業法、古物営業法といった特殊な法律による許可制で、特殊なスキルが求められる他、贋物や在庫のリスクが大きい業態である。

ネイルサロン

女性が憧れる人気ビジネスであるが、競合の多さに加え、ネイリストが公的資格でないことによってスタッフ・店舗が玉石混淆であることから、不確定要素の大きいビジネスでもある。トラブル等の発生も比較的多い。


お気軽にご相談ください