> > 「自立支援介護」の第一人者、竹内孝仁教授が、インキュベクスの顧問に就任。

「自立支援介護」の第一人者、竹内孝仁教授が、インキュベクスの顧問に就任。

「ケアーズ訪問看護ステーション」や老人ホーム「介護の王国」のFCを展開するインキュベクス株式会社の顧問に、「自立支援介護」の第一人者、国際医療福祉大学大学院の竹内孝仁教授が、2017年9月1日、就任されました。

 

 

竹内教授は、「水分、栄養、排便、運動」を基本ケアとする「自立支援介護」の理論を確立され、その理論と実践の推進に努めておられ、また、理論を通じた介護職の育成にも注力されていらっしゃいます。

 

 

インキュベクスの、「ケアーズ訪問看護ステーション」や住宅型有料老人ホーム「介護の王国」でも「自立支援介護」を推進しており、このたびの竹内教授、並びに、7月1日に顧問に就任いただいた、同じく国際医療福祉大学大学院の小平めぐみ准教授のお二人を迎えたことで、さらに「自立支援介護」の実践と普及、実践者の育成に取り組んでまいります。

 

 

 

■本件のプレスリリース

https://www.inquvex.co.jp/news/201709_690.php

 

 

インキュベクスの顧問に就任された、国際医療福祉大学大学院の竹内孝仁教授

 

 

 


お気軽にご相談ください
無料説明会受付中!お気軽にご相談ください。[click] 0100000000