> > インキュベクスが、関連会社による直営の訪問看護ステーションの移転を発表しました。

インキュベクスが、関連会社による直営の訪問看護ステーションの移転を発表しました。

訪問看護開業運営支援のインキュベクスによる初の直営ステーションとして、関連会社ケイスラッシュの運営で誕生した「看護の王国 訪問看護ステーション こすもす」が、10月1日付で横浜市港北区新横浜から、市内神奈川区の東神奈川駅と反町駅の間に移転しました。

 

 

ご利用者様の住まいが移転先の付近に多かったためで、迅速な訪問と利便性の向上、一層の安心を目的に移転したものです。

 

 

当初はインキュベクスの直営拠点として、支援先へとフィードバックする最先端のノウハウの実証や、現場でのノウハウ収集のため、本社本部との連携を重視し、本社本部に隣接する立地で開業したものが、遠隔地でも十分な連携が行える準備が整ったことで移転にいたりました。

 

■本件のプレスリリース
https://www.inquvex.co.jp/news/201710_699.php
 

 

 

「看護の王国 訪問看護ステーション こすもす」移転先の出入り口とロゴマーク

 

 

「看護の王国 訪問看護ステーション こすもす」の新しいオフィス内部

 

 

「看護の王国 訪問看護ステーション こすもす」が新たに入居することとなったビル

 

お気軽にご相談ください
無料説明会受付中!お気軽にご相談ください。[click] 0100000000