> > 11月10日(金)に「地域連携コーディネーター養成講座第2回~難病コーディネーターとは 地域でその人らしさを支えるために~」を開催しました

11月10日(金)に「地域連携コーディネーター養成講座第2回~難病コーディネーターとは 地域でその人らしさを支えるために~」を開催しました

11月10日(金)に「地域連携コーディネーター養成講座第2回~難病コーディネーターとは 地域でその人らしさを支えるために~」を開催しました。

 

 

国際医療福祉大学院大学の武藤正樹教授を講師にお迎えし、お送りしたこの研修は、これまで同じく武藤教授が講師を務められ、開催してきた「メディケアBizイノベーション研修」の後継となる研修で、今回が2回目の開催でした。

 

 

今回のテーマは、タイトルにもなっている「難病コーディネーターとは 地域でその人らしさを支えるために」。

 

 

地域の医療の中で難病の方を支え、医療連携をつないでゆく「難病コーディネーター」について、その役割や重要性などを、わかりやすく教えてくださいました。

 

 

また、研修の前半では、政府や与党、安部首相による最近の税と医療政策の動向を振り返り、非常にタイムリーな衆議院の解散総選挙についても、医療政策との関連から解説してくださいました。

 

 

その後、多くの医療介護関係者が気になる、2018年の診療報酬・介護報酬同時改定についても解説してくださり、非常に盛りだくさんな内容を武藤教授が語ってくださいました。

 

 

 

「地域連携コーディネーター養成講座第2回~難病コーディネーターとは 地域でその人らしさを支えるために~」の講師を務めてくださった、国際医療福祉大学院大学の武藤正樹教授

 

 

多くの方が気になる2018年報酬改定や医療政策の話題も豊富に盛り込まれた「地域連携コーディネーター養成講座第2回~難病コーディネーターとは 地域でその人らしさを支えるために~」

 

 

お気軽にご相談ください
無料説明会受付中!お気軽にご相談ください。[click] 0100000000