> > 11月24日(木)に、「療法士研修~開業時期に応じての療法士の役割編~①開業前・開業後3ヶ月以内」を開催しました

11月24日(木)に、「療法士研修~開業時期に応じての療法士の役割編~①開業前・開業後3ヶ月以内」を開催しました

これまで大阪でのみ開催していた、【スキルアップ研修プログラム】「療法士研修~開業時期に応じての療法士の役割編~①開業前・開業後3ヶ月以内」を、11月24日(木)に、初めて新横浜の本社で開催しました。

 
講師を務めてくださったのは、これまでも大阪営業所での本研修開催で講師を務めてくださった、行政と共同で介護予防事業を進めていらっしゃる理学療法士、保健学修士の方で、山陽地区の総合型地域スポーツクラブ経営者でもいらっしゃいます。

 
本研修は、「①開業前・開業後3ヶ月以内」「②開業後4ヶ月~1年以内」「③開業後1年以上」といった3つの期間に分け、今後連続3ヶ月開催されるたうちの初回でした。

「訪問理学療法士」のあるべき姿や、地域におけるリハビリ専門職の役割、「療法士の仕事」について学んだほか、リハビリの利用者を増やすために重要な、ケアマネを集客する方法も、実技を交えてご紹介してくださいました。

 
現場で活躍する理学療法士の方などが、多数参加されて学んでいました。

 

 

「療法士研修~開業時期に応じての療法士の役割編~①開業前・開業後3ヶ月以内」に参加された多数の理学療法士の方など

 

 

「療法士研修~開業時期に応じての療法士の役割編~①開業前・開業後3ヶ月以内」でのリハビリの手技の様子

 


お気軽にご相談ください