> > 7月12日(水)に「アセスメント研修~脳神経編~」を開催しました

7月12日(水)に「アセスメント研修~脳神経編~」を開催しました

7月12日(水)は、「アセスメント研修~脳神経編~」の開催日でした。

 

 

今回も講師は「ヘルスアセスメントプロトコール」の共同開発者である看護師の軽部厚さんでした。

 

 

そして今回、長きに渡り人体モデルを務めた当社スタッフの小菅が、人体モデルを卒業することになりました。

 

 

そんな小菅の人体モデル最終回は、脳神経編のアセスメントで様々な手技のモデルとして登場。
リンパ節の触診や、眼球結膜の観察、副鼻腔、耳介、口腔内などの観察の他、神経評価のテスト方法などを学びました。

 

 

訪問看護に必要な、アセスメント能力を身につけていただくことを目的とした今回の研修の中で、特に「頭頸部」や「脳神経」に関連したアセスメントを重点的に学習しました。

 

 

 

 

「アセスメント研修~脳神経編~」の講師を務めてくださった、看護師の軽部厚さん

 

 

「アセスメント研修~脳神経編~」の研修風景。映し出されたスライドには、初代人体モデルの猪股勇人が愉快な表情を見せる。

 

 

今回がアセスメント研修で最後の人体モデル出演となり、悲しみにくれる当社スタッフの小菅。

 

 

「アセスメント研修~脳神経編~」の最後は、人体モデルの有終の美を飾った当社スタッフ小菅のポージング。

 

 

 


お気軽にご相談ください
無料説明会受付中!お気軽にご相談ください。[click] 0100000000