> > 7月27日(水)に「医療・介護報酬請求事務講座」の2、3、4を開催しました

7月27日(水)に「医療・介護報酬請求事務講座」の2、3、4を開催しました

7月27日(水)に「医療・介護報酬請求事務講座」の2・3(請求関連業務ダイジェスト編)と4(総まとめ・演習編)を開催しました。

 

 

財務や会計の専門家である岩崎哲也が講師を務める全4回の「医療・介護報酬請求事務講座」は、通常2回分の連続で開催するのですが、「まとまった内容を集中して聞きたい!」という声にお応えして、この日はなんと2回目、3回目、4回目と3回分の内容をギュッと凝縮したダイジェストでお送りしました。

 
通常の2回目は(請求関連業務編~基本報酬と請求関連書面~)の内容です。
訪問看護ステーションの売上の基礎を構成している報酬請求事務の基本を、その書類の様式、作成方法から学ぶ内容です。

 
同じく3回目は、(請求関連業務編~基本報酬と加算~)であり、提供サービスやステーションの体制に応じて報酬が増額される「加算」を学ぶ時間です。
27日の講座では、この2つを合わせた大変中身の濃い時間となりました。

 
ダイジェストで2回目と3回目の内容を駆け抜けたあとは、4(総まとめ・演習編)ということで、「医療・介護報酬請求事務講座」の全体を振り返る内容でした。
書類の作成方法やそのチェックポイントを振り返ったほか、返戻・過誤についても学びました。
終盤は実践的な演習を行って、さらにテストで理解度を確認して締め括りました。

 
こうして振り返ると、訪問看護ステーションの事務業務に必要なほとんどの内容が盛り込まれた、集中した時間だったことがわかります。
ご参加された方は短時間で多くの知識を吸収し、大変だったと思いますが、充実した時間になったのではないでしょうか?

 
今後もケアーズでは、訪問看護の実務に役立つ、際立った研修や講座を開催していきますので、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

参加者に丁寧に語りかける講師の岩崎哲也

 

 

動きのあるアクションで聴衆の心を掴む、講師の岩崎哲也

 

 

集中して長丁場の「医療・介護報酬請求事務講座」に臨む参加者

 


お気軽にご相談ください