HOME > PR特集 > 医師・病院じゃなくても開業できる新たな医療・介護ビジネス「訪問看護ステーション」とは?-4

医師・病院じゃなくても開業できる新たな医療・介護ビジネス「訪問看護ステーション」とは?-4

PR特集・新規ビジネス開業 医師・病院じゃなくても開業できる新たな医療・介護ビジネス「訪問看護ステーション」とは?

超高齢社会の中で、そのニーズを確実に伸ばしている「訪問看護ステーション」は、医師や病院ではない民間企業でも開業可能な医療・介護ビジネス。
インキュベクス株式会社は、そうした注目のビジネス「訪問看護ステーション」の開業と運営の支援を、これまで全国530社に提供してきた業界でも屈指の開業コンサルティング会社である。
そんなインキュベクスが語る「訪問看護ステーション」ビジネスの魅力とは?


インキュベクスの開業運営サポートと「訪問看護」開業の第1歩

そもそも、訪問看護ステーションの開業や運営を専門とするコンサルティングサービスというものが、まだまだ珍しい存在だ。

 

開業申請の支援だけであれば探すことは容易かもしれないが、開業する企業の状態や、取り組みの内容に応じて、「コンサルティング」「研修・知識習得」「専門講座」「サポートデスク」など、専門性の高い、きめ細かな支援メニューを完備しているコンサルティング会社はなかなか見つからない。

制度の整った訪問看護フランチャイズも現在はまだ多くはない。

 

「助けがほしい場面で助けてくれる」訪問看護ステーションの開業・運営におけるそうした存在を目指して、インキュベクスはさらなるサポートの強化を実施している。

 

なんといっても、訪問看護ステーションは超高齢社会で在宅医療の重要性が増している今、日本全国それぞれの地域が、高齢者が、医療介護関係者が、待ち望んでいるサービスなのだから。

 

訪問看護ステーションそのものや、訪問看護ステーションの開業について気になった方は、インキュベクスの事業説明会を一度聞いてみてはどうだろう。

無料で、開業候補地の簡易市場調査や、ビジネスモデル・開業方法の解説、詳しい事例の紹介などを聞くことができる。

異業種参入の方や医療介護業界未経験の方などは特に必見の内容だろう。

 


 

1 2 3 4


«