> > 「自立支援介護・実践研修」
第3弾-各論 食事 身体介護のアセスメント編

「自立支援介護・実践研修」
第3弾-各論 食事 身体介護のアセスメント編

    首相が宣言した「自立支援介護」を推進する
    自立支援介護実践研修 第3弾
    -各論 食事 身体介護のアセスメント編-

    ◆内閣府未来投資会議参加メンバー 竹内孝仁教授 監修◆

    これからは、高齢者ができるかぎり自分のことを自分でできるよう支援する、「自立支援介護」の時代に国が舵を切り始めています。

    弊社が提供する「ケアーズ訪問看護ステーション開業・運営支援」では、「自立支援介護」を現場で実践するための準備を行っております。

     

    第3弾目の今回は、自立支援介護の4つの基本ケアのうち、 「食事」に特化した改善実績を講義していただきます。

    入院や施設に入った途端に生活レベルが低くなる、という話は、 医療従事者でない私たちにもよく耳にする内容です。

    自立度が低下した利用者に対しアセスメントを行ない、課題に実践的に 取り組んだケアを行った結果どうなったか、その方の残存能力を どこまで、どうやって引き出すか。

    それらの具体例を聴きつつ、食形態や食事をとる際の姿勢、義歯、むせ、 咀嚼などの関係も学びましょう。

     

    自立支援介護実践研修の講師を務めてくださるのは、 国際医療福祉大学大学院准教授でいらっしゃる小平めぐみ先生です。

    親しみやすい笑顔が印象的な小平先生は、解説だけではなく、事例も 交えてわかりやすくお話してくださるため座学以上の収穫が 得られると思われます。

    ぜひ、奮ってご参加ください。


    タイトル 「自立支援介護・実践研修」
    第3弾-各論 食事 身体介護のアセスメント編
    開催日時 2017年8月31日(木)
    13:30~16:00
    概要
    • 各論 食事 身体介護のアセスメント
    • 質疑応答
    • 弊社より、「自立支援介護」を実現する事業モデルご案内
    講師 小平めぐみ講師

    博士(医療福祉学)
    国際医療福祉大学大学院准教授
    一般社団法人 日本自立支援介護・パワーリハ学会 理事
    医療法人、社会福祉法人にて介護職、
    居宅介護支援専門員として現場経験あり。

    <著書>
    1)共著 介護福祉経営士テキスト リハビリテーション・マネジメント2012
      (日本医療企画)
    2)共著 介護の生理学 2013(秀和システム)
    3)共著 EPA来日者のための介護福祉士国家試験対策の専門日本語Ⅱ2015
      (公立大学法人 首都大学東京)
    4)共著 介護福祉士養成テキスト4 編日本介護福祉士養成施設協2016
      (株式会社法律文化社)

    会場 インキュベクス株式会社 新横浜本社
    〒222-0033
    神奈川県横浜市港北区新横浜2丁目2-15 パレアナビル3F
    地図
    定員 定員限定の予約制
    参加費 無料