> > 飲食業からの参入実績
うつのみや訪問看護リハビリステーションにこっと リハビリ部地部長 吉村友佑様

飲食業から参入し、「人を大事にする運営」で結束と行動力を強める


うつのみや訪問看護リハビリステーションにこっと リハビリ部部長 吉村友佑
voice_photo_nicot01

平成27年5月に栃木県宇都宮市で訪問看護ステーションを開業された、インターネット株式会社様/うつのみや訪問看護リハビリステーションにこっと様の事例をご紹介します。 リハビリ部部長の吉村友佑様にお話を伺いました。 強いリーダーシップを発揮されつつも「人を大事にする運営」で全スタッフが心を一つに活躍する環境を作られている社長様のお話などを、ご自身も誘いを受けて転職し、常勤の部長職に就いて間もない吉村様からお聞きしました。

訪問看護ステーション開業の動機を教えて下さい。
『地域の方々を助けたい、役に立ちたい。地域に恩返しがしたい。』

インターネット株式会社は、飲食業などを中心にエステティックサロンなどを含んだ様々なブランドのフランチャイザーとして、地元・宇都宮市に根ざして展開してきた会社でした。社長が独立起業してから23年が経ち、「宇都宮市に育ててもらった」という思いから地域に恩返しをしたいと考える中、出会ったビジネスが「訪問看護ステーション」でした。

インキュベクスの事業説明会を聞く機会があり、今、在宅の医療介護の需要が非常に高まっていて、希望するケアを受けられない方が地域に数多くいるという事実を知った社長は、どうにかしてそういった方々を助けたい、役に立ちたいという思いを強め、訪問看護ステーションの開業を決意したそうです。

そうした利用者の方への社長の思いが込められ、ステーションの名前は「にこっと」になりました。利用者の方はもちろん、そのご家族も、スタッフも、全員が笑顔になれるようにとの思いが込められた名前です。
笑顔に似合うさわやかなスカイブルーが、私たち「うつのみや訪問看護リハビリステーションにこっと」のイメージカラーです。
イメージカラーへのこだわりは、ロゴマークだけでなく、訪問車両であるスズキ・ハスラーのボディにも表れています。わざわざこの色を指定して新調しました。こだわりは色だけでなくナンバープレートにもあり、末尾4桁が「2510(にこっと)」。この車両以外のナンバーやその他の番号にも「2510」が多く付けられています。
こうしたちょっとしたこだわりや遊び心でも、スタッフや周りの方が「にこっと」してくれたならいいなと思います。

voice_photo_nicot05
現在までの経緯について教えて下さい。
『なにより「知ってもらうには挨拶しかない」』

序盤の営業は、4班に分かれて毎日ケアマネージャーへ挨拶にいくなど、かなり頻繁に実施したそうです。一般的にはそれほど頻繁には営業しないと聞きますが、私たちは「仕事を受ける」ではなく「仕事をください」という立場ですし、なにより「知ってもらうには挨拶しかない」という思いで、とにかく回りました。

その結果、地域での認知も進み、依頼も伸びていったといいます。ケアマネージャーだけでなく、病院の地域連携室へも営業を行っていますが、地域連携室からケアマネージャーを紹介され、さらにケアマネから利用者を紹介されたので地域連携室にもお礼の電話を入れたところ、とても好感を持ってもらえたということがありました。
マネージャー曰く、ケアマネよりも地域連携室への営業のほうが緊張するそうですが、こうした序盤からの積み重ねがあって、ステーションへの信頼と依頼は高まっていったとのことです。営業以外にも序盤はいろいろと手探りで努力したと聞いています。
例えば、採用や人材教育についても、私自身(吉村部長)も開業の年度は非常勤で勤めて最近常勤になったばかりですが、特に序盤の教育の場面では「どこまで厳しく接するべきだろう」という戸惑いが幹部にはあったといいます。私は平成28年の4月から常勤となり、リハビリ部部長として正式に入社しました。その少し前から、ナースカンファや全体カンファ、勉強会など、スタッフ同士のミーティングや学習の場が整備され始めています。

勉強会といっても、講座形式ではなく共有会形式で、お互いが知っている知識を共有し、足りないところを補っていくスタイルで行っており、終わった後にはみんな「楽しかった」と言う堅苦しくないものです。順調なことだけではなく、困難に直面したことももちろんありました。訪問リハビリについて、ケアマネに対し宇都宮市からの指導が入り、リハビリの依頼が落ち込むことがあったのです。
この時は、私たちリハビリスタッフが自主的に、そして迅速に情報を収集して対策をまとめ、社長と協議した上で早期に方針を決定しました。迅速に対策を定め、ケアマネから質問があった場合にも自信を持って答えられるようにしたことで信頼も高まり、リハビリの依頼も回復してきています。


1 2 3 4 5
お気軽にご相談ください