> > 飲食業からの参入実績
うつのみや訪問看護リハビリステーションにこっと リハビリ部地部長 吉村友佑様

飲食業から参入し、「人を大事にする運営」で結束と行動力を強める


うつのみや訪問看護リハビリステーションにこっと リハビリ部部長 吉村友佑
入社して在宅の分野に取り組むに至った経緯を教えて下さい。
『地域のために尽くしたいという社長の思い』

私(吉村部長)は「にこっと」に入るまで、総合病院に勤めていました。
ある日、友人から「新しく開設する訪問看護ステーションで勤めてみないか?」と誘われました。友人はインターネット株式会社が運営する飲食店の店長でした。以前にちょっとだけ話しただけの、私の理学療法士の仕事を友人が覚えていてくれたことも嬉しく、また、在宅の分野に興味もあったのですが、飲食業の会社が訪問看護ステーションを運営するということに違和感を覚えてその時は断りました。しかし、友人はまた誘ってくれて、次は社長やマネージャーとも会うことになったのです。社長やマネージャーとの面談前にも、実は訪問看護ステーションについて自分で調べたりして、興味を募らせていました。詳しく聞いた条件は、リハビリ部門のリーダーとして迎えてくれるという話で、しかも、立ち上げから係わるものでした。訪問看護への興味が湧き、リーダーとして活躍したいと思っており、事業の立ち上げにも興味があった私には、これ以上ない条件にも思えましたが、何もかもが初めての話でこの時も転職を決断することができませんでした。

それでも再び、社長とマネージャーは私を誘ってくれました。3回も誘ってもらい、社長とマネージャーに2回会ったことで、地域のために尽くしたいという社長の思いが完全に伝わり、私は転職を決意しました。前の職場を急に離れられなかったこともあって最初の年は非常勤で働き始めました。病院と訪問看護ステーションには様々な違いがあります。

病院では歯車の1つとして完全に役割分担がされていて、悪く言えば「途切れた存在」でした。目の前の患者のために尽くすことだけがモチベーションで、幹部が何をしているのかもわからず、インターネット株式会社では驚かれたのですが「愛社精神」もなく、自分じゃなくても歯車は務まるんじゃないかと思っていました。

「にこっと」では内外の大勢の方と多くのつながりを強く感じています。そして、社長やマネージャーがとても近く感じられるので、自分の役割を把握し、「愛社精神」を持ちながら仕事ができています。つながりを感じたことで、「利用者のため」が「会社のため」になり、「会社のため」が「利用者のため」にもなることが理解でき、モチベーションにつながっています。年齢や経験にあまり差がないリハビリスタッフを前に、リーダーとしてどうすれば良いのか戸惑う場面もありますが、私が常勤になる前から常勤として勤めていた言わば先輩にも係わらずリーダーとして迎えてくれたメンバーに感謝しつつ、日々努力しています。

リーダーとしての仕事があるため、現場に出る訪問回数は他のメンバーより少なくなりますが、社長からは「他のスタッフから働いていないように見えることがないように気をつけなさい」と励まされているので、そうした点にも気をつけながら頑張っています。

社長様の思いや会社の雰囲気について教えて下さい。
『「サービスはテクニックではなく真心」』

社長はとにかく「人が一番大事」「人がすべてだ」「従業員を幸せにするのが経営者の仕事」
と言っており、従業員を家族のように大事に考えてくれています。従業員から社長に伺いを立てるのではなく、常に社長から身近に降りてきてくれる感じです。
フランクな関係というわけではなく、経営者と従業員というけじめはありつつも、お互いに不透明な部分が無く、すべてをさらけ出せる存在と言えます。
社長の思いは私などのリーダーだけでなく、スタッフ全員に届いています。そしてスタッフ全員が社長の思いを利用者さんに届けたい、利用者さんに社長の思いが届けば幸せになってもらえると確信して、自分たちで社長の思いを届けようという使命感を持って動いています。
全員が愛社精神を持ち、社長やマネージャーのことが本当に好きで働いています。
社長以下、マネージャー、そして管理者も、「まず動く、まず行く、まず会う」と迅速な行動を奨励する社長の方針通りに積極的な動きをしているので、他のスタッフもそれを見て続いています。
実は、企業理念に「ルールを無視しても、お客様の都合と満足に応える、あなたの判断に期待しています。」というものがあり、私はとても感銘を受けたのですが、社長は一方的に指示を出すのではなく、必ず「あなたはどうしたい?」とスタッフの意見を聞き、自分自身でお客様のために最良の判断をすることを求めます。
そして、スタッフが真剣に考えて行動した結果、問題が生じたなら、経営者としてその責任を取るという心強い姿勢で接してくれているのです。
また、「サービスはテクニックではなく真心」という信念を、社長以下スタッフ全員が持って励んでいます。これは、飲食店を含めたサービス業に長年携わってきた社長が強く抱いている信念です。

社長は「人と接する部分は、訪問看護もサービス業も同じだ」と言っています。具体的には、ご利用者様に接する時には、自分の大切な人、例えば家族や恋人、親友のように接しなさいと言います。
もちろん、病院に勤めていた時にも真心を持って、患者様を第一に考えて接してきたつもりです。しかし、どこかでテクニックや技術を頼りにしてしまっていたかもしれない、サービス業で考えるほど真心を第一にしていなかったもしれないと、社長の言葉で考えさせられました。 技術の研鑽は絶やさず、しかし、常に利用者様を大事にしたサービス提供を心掛けていきたいです。

ステーション内

1 2 3 4 5
お気軽にご相談ください
無料説明会受付中!お気軽にご相談ください。[click] 0100000000