> > 飲食業からの参入実績
うつのみや訪問看護リハビリステーションにこっと リハビリ部地部長 吉村友佑様

飲食業から参入し、「人を大事にする運営」で結束と行動力を強める


うつのみや訪問看護リハビリステーションにこっと リハビリ部部長 吉村友佑
ステーションの特徴について教えて下さい。
『信頼を築き上げようと努力している最高のチーム』

私たち「うつのみや訪問看護リハビリステーションにこっと」の特徴は、「いつでも、どこでも」訪問することです。土日を希望する非常勤スタッフも入ってきたため、土日も含めて「いつでも、どこでも」が強化されています。

また、「話をちゃんと聞く」という姿勢も特色になっています。管理者が率先して利用者さんの話を親身になって聞いているので、それが他のスタッフにも伝わり、ステーション全体に広がっています。他にも、周囲ではなかなか在宅の分野に来たがらないと聞く若いスタッフが、「にこっと」には看護師、療法士問わず、多く在籍しています。そのために考え方がより柔軟で、その点も特徴かもしれません。若いスタッフは利用者さんに喜ばれるという効果もあります。
スタッフ全員が思いを一つにして向上心を持ち、一人ひとりが会社の信用、信頼を築き上げようと努力している最高のチームです。

ステーション内(旗)
本業との相互作用があれば教えて下さい。
『信頼できるメンバー間の交流』

運営上で明確に意図したり意識したりしている相互作用はまったくありません。
ですが、訪問看護ステーションとその他の飲食、エステティックサロンなどの事業のメンバー間の交流はあり、みんな仲良くしています。

現在、訪問看護ステーションの事務所となっている場所が、もともと本社事務所だったことや、社長が多くの時間をステーションで過ごしていることもあって、他の事業のメンバーも頻繁にステーションに来ています。先日は全社全事業合同のバーベキューパーティーを開催し、大いに盛り上がりました。私自身、「にこっと」への転職のきっかけは、飲食業の店長をしている友人からの誘いだったので、そういった意味では全社での人的交流から人脈も含めた相互作用があると言えるかもしれません


1 2 3 4 5
お気軽にご相談ください