> > 飲食業からの参入実績
うつのみや訪問看護リハビリステーションにこっと リハビリ部地部長 吉村友佑様

飲食業から参入し、「人を大事にする運営」で結束と行動力を強める


うつのみや訪問看護リハビリステーションにこっと リハビリ部部長 吉村友佑
今後の目標、抱負について教えて下さい。
『自分に出会って良かったと思ってもらうこと』

社長は常に「一番になりなさい。二番では意味がない。」と言っています。

まずは宇都宮市で一番のステーションを目指し、栃木県で一番、全国で一番と、順に達成していくことが私達の目標です。
そうして利用者さんの数が多くなれば、それだけ困っている方の力になれると考えています。私自身では、「縁」を大事にする中で「利用者さんに会うことも縁」と考えており、「自分に出会って良かったと思ってもらうこと」を最大の目標に掲げています。
一人で取り組んでいたのでは、一度に20人か30人の利用者さんとの出会いが限界ですが、みんなで取り組むことでより多くの利用者さんと出会えます。こうしたことを多くのスタッフに伝えて、多くの利用者との「縁」をつなぐために私はリーダーとなったので、今後もすべての人を幸せにするために頑張りたいと思います。

その他、何かあればお伝え下さい。
『あなたに会えて良かった、と思ってもらえる訪問看護ステーションを!』

これから訪問看護ステーションを開業する方や、初めて訪問看護ステーションに勤めるという方は、他のことでは体験しない初めてのことが多くて戸惑うことあるかもしれません。

私達は、「行動しないと動けない、始まらない、現場に行けない」と社長に励まされ、打たれても打たれてもへこたれずに努力し続けることで、前進してきました。
ぜひ、まず動く、とにかく動くという気持ちを持って行動してみてください。私たちもさらに努力し続けます。訪問看護ステーションの利用者さんに係わるということは、その方の人生に携わることに他なりません。しかも、人生の終わりに近いところで出会うサービスです。
そういった場面での出会いだからこそ、「にこっと」に出会えて良かった、あなたに会えて良かった、と思ってもらえる訪問看護ステーションを目指していきたいと思っております。

NICOT看板

1 2 3 4 5
お気軽にご相談ください
無料説明会受付中!お気軽にご相談ください。[click] 0100000000