お世話になっております。インキュベクス株式会社の青井です。
本日は、埼玉県における訪問看護ステーション経営の情報をお届けします。

埼玉県での訪問看護ステーションの実績が好調です

ここ最近の弊社支援訪問看護ステーションですが、実績の伸びに目覚ましいものがあります。

訪問看護ステーションの成功のためには、看護師採用が順調であること、またご利用者様の人数、利用回数が増えていくことが要件です。

埼玉県は看護師の採用数、ご利用者様の登録数ともに伸びが順調です。

同じように弊社が支援する、関東、東京近隣他県の訪問看護ステーションより成長の幅が大きいのが埼玉県の事例の特徴です。

どうして埼玉県というエリアは成功するのか?

同じ東京近郊県において、なぜ埼玉県の訪問看護ステーションが突出して業績が伸びているのか?

これには、以下のような背景があると考えられます。

【埼玉県の状況】

・2010年→2025年における高齢化の進行 全国NO.1の速さ

・75歳以上高齢化進行 全国NO.1の速さ

・65歳以上高齢化進行 全国NO.2の速さ

・10万人当たりの訪問看護事業所数 全国NO.2の少なさ

・65歳以上施設整備率 全国NO.5の少なさ

つまり、高齢者人口は凄まじいスピードで増加しているにもかかわらず、高齢者のための施設数や訪問看護ステーションの数が絶対的に不足しているのです。

埼玉県における「供給<<<<<需要」の図式は、今後もしばらく続くと予想できます。

埼玉県での訪問看護ステーション事業拡大の事例

具体的な事例をいくつかご紹介いたします。
<ケアーズ訪問看護ステーション事例>

・埼玉県さいたま市⇒開業準備段階で看護師募集20名の応募

ご存知のとおり、訪問看護ステーションの開設で最大の難関が看護師の採用です。

開設のための最低人数は2.5人と法令により定められております。

その2.5人(3人)を採用するのにすら、どのステーションも苦労するのが常です。

この「開設前に20人」という数字がいかに破格か、お分かりかと思います。

ほかにも、

・埼玉県東松山市
⇒開業4年月で間訪問件数2,000件、年商2億円超え

・埼玉県深谷市
⇒訪問看護3年目にして住宅型有料老人ホーム事業を併設し事業拡大

・埼玉県川越市
⇒開業5年目で3拠点展開

・・・など、成功者続出です。

チャンスをつかむなら今

埼玉県は東京への通勤網が発展しており、そのわりには物価も東京より安く住みやすい街・県としてひろく認知されております。

たとえば埼玉にご実家があるけれど東京で住まい、お勤めされている子世代夫婦などにも離れて暮らす両親のために訪問看護や、医療的ケアのできる高齢者施設はとても心強く安心できる存在と言えるでしょう。

そういうところから、埼玉県での訪問看護の需要が増えており、ひいては訪問看護ステーションの成功につながっていると考えられます。

埼玉県エリア、また東京でも埼玉に近いエリアで訪問看護ステーション運営を迷っておられる方には、大変おすすめできる案件です。

地域への早い参入は、その後の事業拡大への布石へとなり得ます。

そしてなんといっても、訪問看護ステーションは、収益性と社会貢献性のバランスの非常に優れた事業と言えます。

事業開設にご心配がある方、訪問看護事業について更に詳しくお知りになりたい方には、資料等を豊富に取り揃え、ご説明させていただきます。

また、直営の施設もございます。私どもの施設をぜひご覧ください。