私が「経営者率先型」訪問看護ステーションをおすすめする理由

ケアーズの中村です。

先日、脱サラし、起業を決意された方のお話をしましたが、その方には、「経営者率先型事業所」をつくることをおすすめしました。

本日はそのポイントをご紹介します。
(ほんの1部ですが・・・)

「経営者率先型」訪問看護ステーションとは?

社長には、以下を開業後、半年間は継続していただくようお願いしました。

スタッフの役割を明確にする

(社長もです・・)

※スタッフの進捗状況で業務分配ができるからです。

社長自ら、ケアマネ事務所、医療関係者200件の営業回りを行っていただきます.

(目安として1ヶ月間で)

※営業先リスト、ツールは弊社より提供いたします。

利用者との接点をつくる

(利用者様との契約は、必ず社長も同席してください)

※社長が利用者とのやりとりを知ることで、訪問スタッフの適正な訪問件数の設定、稼働率向上のためのポイントが見えてきます。

弊社支援先データでは、まさにこの継続こそが・・・

「単月黒字達成」
「スタッフ増員」

という実績を生むようです。

備考~この流れを作るために~

この流れを作るため、社長には、以下のサポートを提供いたします。

・支援先事業所見学(事例研修)

※私がピックアップします。

・経営者向け研修参加

・退院支援編
・カンファレンス編
・サービス担当者会議編
・地域会議編

※看護師さんも一緒に参加いただきます。

参加無料の事業説明会を全国で開催!

ケアーズでは、訪問看護ステーションの事業説明会を全国で開催しております。

説明会では、訪問看護の事業内容や本部からの様々なサポート内容を詳しくお伝え致します。

【説明会の内容】

これから求められる訪問看護のあり方
訪問看護ステーション事業の詳細
ケアーズの開業・運営支援内容
訪問看護ステーション開業の流れ
ご希望エリアのマーケットニーズ

等を詳しくお伝えいたします。

ケアーズに興味がある・参加したい経営者の方は、お気軽にご参加ください。

[su_button url=”https://kaigojigyou.jp/seminar/” target=”blank” size=”20″ wide=”no” center=”yes”]事業説明会に参加する[/su_button]