新たな住宅セーフティネット制度の支援がある八王子は訪問看護もおすすめ

ケアーズの中村です。

今回は、訪問看護ステーションの開業候補地として東京都八王子市がおすすめできる理由をお話しいたします。

なぜ、今このタイミングで東京都八王子市をおすすめするのか。その結論を言ってしまうと、八王子市が新たな住宅セーフティネット制度において居宅支援協議会を設置するなど、支援を実施しているからです。

訪問看護ステーションと住宅セーフティネット制度の関係

ご利用者様のご自宅に訪問する訪問看護事業と、住宅取得要配慮者に空き家などを活用して住宅を供給する住宅セーフティネット制度に、関係はあるのか疑問に感じる方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、私たちインキュベクスでは老人ホームである「介護の王国」の展開の中でも触れているように、住まいの問題で悩む高齢者の増加も、大きな社会課題だと捉えており、今後の訪問看護事業は、高齢者の住まいの問題にも踏み込まなければならないと考えております。

そのため、新たな住宅セーフティネット制度によって、高齢者を含む住宅取得要配慮者への支援が行われている地域は、訪問看護ステーションを展開する上でも、有望な地域と言えるのです。

具体的には、こうした地域では将来的に訪問看護ステーションと併せて高齢者の住まいを運営することが容易になる、手厚い支援のもとで高齢者の住まいを展開できると言えるでしょう。

新たな住宅セーフティネット制度では、空き家を高齢者向けにリフォームする際の補助や、家賃を低額に抑えるための補助が、国や自治体から出されます。
こうした手厚い支援を受けながら、ニーズが増え続ける高齢者向けの住まいを提供することで、大きな優位を築けますし、そこに訪問看護を行うことで、安定して、しかも効率の良い訪問が実現します。

私たちからも住宅型有料老人ホームの「介護の王国」の開業をご支援できますし、老人ホームではない住宅取得要配慮者向けの住宅を運営することもできます。

いずれにせよ、住宅セーフティネット制度に基づいた住宅政策や支援を実施している自治体では、訪問看護ステーションが将来的に高齢者向けの住宅を展開することが、とても有利になるのです。

自治体ごとに異なる住宅セーフティネットの対応

新たな住宅セーフティネット制度では、次のような項目について、費用面での補助が具体的に示されています。

(1)登録住宅の改修に対する支援措置

(2)低額所得者の入居負担軽減のための支援措置

(3)居住支援活動への支援措置

例えば、1ヶ月1戸あたり最大2万円が補助されるといったものや、空き家などから高齢者の住まいへと改修を行う場合の費用の3分の1を補助するといったものなどがあります。

しかし、新たな住宅セーフティネット制度については、その多くが自治体に委ねられていることもあり、自治体ごとに独自の支援を行っているケースがあるだけではなく、支援の有無といった根本的な対応についても、それぞれ異なっています。

明確に支援の実施を表明していない自治体もまだまだ多く、具体的な支援内容が明らかではない自治体も少なくありません。

八王子市についても、新たな住宅セーフティネット制度に基づく支援を表明している数少ない自治体であり、さらに、市独自の補助の上乗せを行う情報も出ていますが、具体的な内容の説明についてはこれからといった状況です。

そこで、私たちケアーズでは、お問い合わせを頂戴した場合、各自治体の対応についても調査を実施し、その自治体の対応に合わせて、適合する支援の提供を目指しております。

詳しくは、「ケアーズ」訪問看護ステーション事業説明会にてご相談ください。