地域における訪問看護ステーションの役割と連携

ケアーズの中村です。

本日は、訪問看護ステーションが、地域の中で他の医療介護サービス事業者とどのように関わりながら運営を行うかについて、お話しいたします。

訪問看護ステーションはその事業所1つで利用者と関わっている訳ではありません

既に開設されているパートナーの皆様は、感じていらっしゃると思いますが、訪問看護ステーションはその事業所1つで利用者と関わっている訳ではありません。

地域の中にある、他の様々なサービス事業者と密接に関わりながら、利用者や介護者を支えています。

例えば、介護保険サービスの中の在宅サービスに含まれるものは、訪問看護以外に訪問介護、訪問入浴、通所介護、通所リハビリ、地域密着型サービスなどが挙げられます。

施設サービスであれば、介護老人福祉施設や介護保険施設の長期入所など、他にも様々な医療介護サービスがあります。

また、介護保険サービス以外にも、見守りネットワークや友愛訪問員など、地域独自のサービスがいくつかあります。

こうした様々な医療介護サービスについては、各自治体のホームページでも紹介されていますが、高齢者は特に、それらを自分で調べることが困難です。

訪問看護師が地域の医療介護サービスを知っておくべき理由とは?

多くの方は、ではケアマネジャーが案内すれば良いのでは?
と思うかもしれませんが、それだけでは、今まさに困っている利用者や介護者を十分に助けることはできません。

そのために訪問看護師も、地域の医療介護サービスが他に何があるのか、それを知っておく必要があります。そして、他のサービス事業者とチームワークを図り、利用者を支えていく必要があるのです。

例えば利用者や介護者から、

「どこか良い施設はないですか?」
「配食サービスはありますか?」
「散髪をしたいのですが、寝たきりで動けないので困っています」

などの相談を受けた時、どのように返答すると良いでしょうか?

「それならば、○○さんというところがあって・・・

というように、すぐに適切に答えてくれる看護師と、

「さあ、どうでしょうね。そういうことはケアマネさんの仕事ですから、ケアマネさんに聞いて下さい」

と答える看護師では、皆さんならどちらの看護師を信頼できますか?
どちらの看護師と関わっていきたいでしょうか?

訪問看護の営業時にも相手との距離がグッと縮まります。

また、営業の際も、ありきたりな言葉

「宜しくお願いします」

とパンフレットを渡して去る人と、

「明るくて活気のある事業所ですね」とか、
「そのユニフォーム、スタイリッシュでいいですね!」
「いつも素敵な花が飾ってあるので、来るのが楽しみです」

と、色々な事に気を配り、話題作りに励む人とでは、どちらの人物と仲良くしたいでしょうか?

忙しい様子であれば、それをすぐに察知して出直す人と、全く空気を読めずに一方的にPR活動をする人とでは、どちらが受け入れられるでしょうか?

相手との距離は、ちょっとした気配りや思いやりの言葉だけでも、グッと縮まります。

「常に相手の立場に立って物事を考え行動している」ことで、自然と地域にとって必要な、地域に根差した訪問看護ステーションへと成長できます。

訪問看護ステーションが地域の人に認知され、受け入れられるために

皆様の地域には、どのような医療介護サービスがどれくらいあるのでしょうか?

他の医療介護サービスとの関係、利用者様との関係、ご家族との関係がどのようなものとなるのか?

それを踏まえて訪問看護ステーションは、地域の中でどのような存在となるべきなのか?

訪問看護ステーションが地域の人に認知され、受け入れられるために、まずは皆様も、利用者を取り巻く地域にある他の医療介護サービスを調べて、知ってみてはいかがでしょうか?

そこからきっと、連携や今後の活動のヒントが見えてくるでしょう。

ぜひ、参考にしてみて下さい。