Vol.1「訪問看護は国策と捉えています。その1」

INQ中村です。

弊社のサービス「ケアーズ訪問看護ステーション開業運営支援」の事業説明会は、地方説明会も含め、月間10回以上、開催しております。

我々が普段、どんなご案内・ご説明をしているのかをこの場をお借りして、本日より日々お伝えしていこうと思います。

今回は、その1回目として

~こんなストーリーでご案内しております~ 
Vol.1「訪問看護は国策と捉えています。その1」

と題してお送りします。

病院・施設から在宅への指針が打ち出された理由とは

2012年のダブル改定時に、病院・施設から在宅へ、と指針が打ち出されました。

この理由は、なんでしょうか?

結論から申し上げますと、日本の財政破綻を防ぐため、です。

ご存知のように日本は、世界一の借金大国です。

借金の額は、1,000兆円を超え、政府総債務残高は、対GDP比で239%(2016年度)とデフォルト問題を起こしたギリシャの181%を大きく上回り、断トツの1位です。

日本は、すでに破綻状態にある、と言っても過言ではありません。

望ましいことではありませんが、医療ニーズが高まる一方です。

その上、2015年以降は、出生数700万人~800万人と言われる団塊世代の方々が、高齢者の仲間入りをされ、2025年には、後期高齢者となられます。

望ましいことではありませんが、医療ニーズが高まる一方である、と容易に推測できます。

つまり、現状でも財政破綻状態と言える日本において、さらに医療費が上乗せされていくのです。

しかも、少子高齢化の傾向はますます強くなる。いよいよ破綻が現実に・・・・・

そこで、2012年の改定時に、病院・施設から在宅へシフトしましょう、となったわけですが、どういうこと??在宅へシフトすれば、医療費が抑制できる??

つづきは、明日。