~こんなストーリーでご案内しております~ 
Vol.3「訪問看護ステーションの運営コストは??」

ケアーズの中村です。

前回は、訪問看護ステーション事業が高単価であり、参入障壁が低い理由についてご説明しました。

今回は、運営コストについてご説明します。

訪問看護ステーションの運営コストは、ほぼ人件費。

では、いくらで設定しますか?

弊社支援先では、人件費率60%、営業利益20%で運営されています。

1名の看護師が月間約120万円の報酬を得ます

昨日、お話しましたが、1名の看護師が月間約120万円の報酬を得ます。

人件費率60%としますと、月収72万円、年収860万円。

10名体制とすると、月商1,200万円。人件費720万円、家賃、福利厚生費、諸々ございますが、営業利益20%確保できるのも納得できますよね?

ちなみに、病院勤務の看護師の平均年収は、480万円。

収益性のある訪問看護ステーション、給料もアップする訪問看護ステーション。

新規事業者を増やし、看護師も在宅へシフト・・・

人の流れは、訪問看護ステーションへ向かっています。

これは、全て国の誘導です。