訪問看護ステーションの採用と営業に直結したイベント開催例

INQ中村です。

ケアーズでは支援策の一環としてイベント開催をご支援しております。

提供イベントは弊社支援先の中でも結果が出た(集客のあった)ケアマネ向け医療連携勉強会や、成年後見人制度イベントがメインです。

まずは、サンプルを2社(弊社支援先)ご参照ください。

神奈川県の支援先でのイベント実施例

テーマ:「フィジカルアセスメントイベント」
本件イベント開催におけるケアマネ集客目標数20名、実績数25名
             
◇目的-ケアマネージャーの知識レベルの向上です。

◇効果-利用者獲得に繋がります。

なぜならば・・ケアマネージャーは、一般的に医療分野の知識が不足しており、訪問看護の活用方法があまりわからない、という現状があります。

しかし、ケアマネージャーがイベントに参加し、医療知識を得ることで、訪問看護への認識が高まり、利用者紹介に繋がります。

東京都の支援先でのイベント実施例

テーマ:「退院支援の活用イベント」

本件イベント開催における看護師集客目標数20名、実績数21名
             
◇目的-看護師データベースの収集です。 

◇効果-看護師採用に繋がります。

なぜならば・・イベントに参加した看護師にステーションのアピールができ、看護師参加者リストが自社ステーションの採用活動におけるデータベースとして活用でき、採用に繋がります。

イベント開催支援の目的を売上に直結させる「採用と営業」に特化させております。