私達が地域一番店を実現する“リハビリ強化型”訪問看護ステーションを推奨する理由とは

INQ中村です。

弊社支援先企業で、すでに開業されている先は、約600社あり、事業構築を最優先として考え、インキュベクス推奨モデルである“リハビリ強化型”を実践していただいております。

この取り組みにより、すでに地域一番店として認知されているステーションも多くございます。まずは、支援先事例をご覧ください。

※支援先事例

開業4年半で訪問件数1,620件(売上1,500万円)/月
看護師5名、リハビリスタッフ17名、事務職2名

なぜ“リハビリ強化型”なのでしょうか?

では、なぜ“リハビリ強化型”なのでしょうか?
まずは、以下3点をご覧ください。

1)日本の経常保健医療支出の64.5%を診療・リハビリテーションが占めている。

経常保健医療支出の機能別内訳(構成割合)

出典元:健康保険組合連合会 「医 療 費 の 将 来 見 通 し と給 付 ・ 負 担 構 造 の 国 際 比 較」報告書 (17ページ)

2)回復期リハビリ病院には、在宅復帰率70%(半年)設定されており、入院患者は、期日がくれば退院⇒在宅へとなっている。

3)在宅患者のニーズは、歩行訓練等、リハビリによる生活改善が大多数。

こういった状況から、在宅でのリハビリが求められています。

“リハビリ強化型”モデルを実践していただくために

その“リハビリニーズ”の対応するモデルを実践することで、弊社支援先は地域一番店となっています。

弊社では、“リハビリ強化型”モデルを実践していただくにあたり、様々なご支援をさせていただいています。

【ご支援の一例】

人事戦略提案-給与設定、評価制度設計、教育体制強化、スケジュール管理など。

営業フレーム構築-イベント設計、営業ツール選定、WEBによる認知度アップ支援など。