訪問看護ステーションのスムーズな開業・運営を実現する「利用者獲得」と「看護師採用」のポイント

ケアーズの中村です。

本日は、「訪問看護ステーション」の運営において、とても重要な「利用者獲得」と「看護師採用」のポイントについてお伝えします。

今後、ますます需要が高まる「訪問看護ステーション」事業は、この2点を押さえておけば、順調な開業~運営が可能となります。

皆様が実際に「訪問看護ステーション」を開業する際、ご参考いただければ幸いです。

「利用者獲得」のカギは、ケアマネージャー・医療機関との関係強化

「訪問看護ステーション」の利用者を獲得するためには、 ケアマネージャーや、医療機関との連携強化が重要です。

一般的なビジネスでは、顧客獲得のために、広告宣伝や営業活動を行いますが、「訪問看護ステーション」では、利用者ご本人ではなく、ケアマネージャー・医療機関が、その利用者に「訪問看護」が必要かどうかを判断します。

そのため、利用者個人ではなく、ケアマネージャーに対して、自社ステーションの特徴などをアピールすることが重要です。

※弊社の「訪問看護ステーション開業支援」では、ケアマネージャー・医療機関に対する有効なアプローチ方法をはじめ、収益アップに資する各種研修を実施中です。

「看護師採用」のカギは、職場環境の整備と、復職者の獲得

「看護師採用」は、いわゆる従業員の採用に当たりますが、「訪問看護ステーション」では、看護師の人数が増えれば、総売上も増加するため、その採用が成功のカギとなります。

看護師を効率よく採用するには、給与や待遇などといった職場環境の整備はもちろん、看護師の資格を持っていても、看護師として働いていない「潜在看護師」の採用が重要です。

看護師の給与は高いというイメージもありますが、実際には残業代などを除けば、それほど際立ったものではありません。

また、残業や深夜勤務、休日出勤などの多い看護師の仕事は過酷で、離職率が高く、潜在看護師は、約55万人もいると言われています。

こうした潜在看護師の採用と、結婚・出産・子育てなどといった看護師の「仕事と生活の調和(ワークライフバランス)」を重視した職場環境を整備することが「看護師採用」のカギとなります。

※弊社の支援で開業した「訪問看護ステーション」では、看護師の給与・勤務形態について、厚遇が可能な運営ノウハウを活用しており、「看護師採用」に有利です。

「利用者獲得」と「看護師採用」に関する、さらに詳しい内容は、無料の【訪問看護事業説明会】にて、ご案内しております。

そのほかにも、【訪問看護事業説明会】では、「訪問看護ステーション」の開業に関する、様々なノウハウを公開していますので、ぜひご参加下さい。

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

参加をご希望の方は、下記よりお申し込み下さい。