経営者様がスタッフが働きやすい環境を色々な角度から作られています。

ケアーズ中村です。

本日は私が営業担当をさせていただいた埼玉県にあるステーションのご紹介です。

本業はリハビリ型デイサービスを2拠点運営し、2014年9月に埼玉県内でステーションをオープンされました。

開業当初は管理者予定の方が訪問看護が初めてということもあり、ご不安を抱えておられましたが、ケアーズの管理者研修に何度もお越しいただき近隣ステーションの管理者さんとの交流を深め、少しずつ慣れていただきました。

今では大規模なステーションをまとめる素晴らしい管理者さんとして活躍されています。

運営状況は、開業7ヶ月目に黒字化へ転換し、現在はスタッフ15名利用者130名を超えています。

本業のデイサービスでリハビリを提供していた経緯もあり、開業から早い段階でリハビリ職(療法士)を積極的に採用しました。

地域ではリハビリ特化型として、利用者や家族から信頼されるステーションとして活躍されています。

経営者様がスタッフのマネジメントや教育に力を入れて、スタッフが働きやすい環境を色々な角度から作られています。

営業を担当していた私が強く感じたのは、経営者様がスタッフのマネジメントや教育に力を入れ、スタッフが働きやすい環境を色々な角度から作られているということです。

・・・結果、スタッフからも信頼される理想的なステーションになりました。

今後は当社で支援している住宅型老人ホーム「介護の王国」にも取り組まれ、より地域ニーズに寄り添った展開を目指していかれるとのことです。