【訪問看護ステーション採用メソッド】「お仕事説明会」を開くメリットとは

ケアーズの中村です。

看護師や療法士の採用は、他の職種に比べて難しいと言われています。売り手市場の現在だからこそ、彼らもシビアに会社選びをしています。

求人広告を出しても反応が無くて困られている方は、いきなり採用申込み、面接誘導ではなく、まずは「お仕事説明会」に来てもらうというワンステップを踏むことをおすすめいたします。

本日は、看護師や療法士の採用に有効に活用できる「お仕事説明会」についてお伝えしたいと思います。

どのように「事業説明会」で看護師・療法士を集め、採用に導くのか?

まずは一般的な求人の方法を振りかえるところから見ていきましょう。

看護師や療法士専用の人材紹介サービスやサイトはあっても、求人方法そのものは、あまり他の職種と変わりません。

求人媒体や求人方法を挙げると、

・新聞折込求人紙

・フリー求人雑誌

・情報誌の記事枠や求人欄活用

・Web求人

・ハローワーク求人

・人材紹介会社の活用

人脈

といったように、変わり映えはしません。

もちろん、こうした媒体や方法にまったく効果がないわけではなく、この中で工夫をしたり、適切なものを選んで効果を上げるのですが、一般的な方法にこだわらずに求人を試みることも重要です。

そこでおすすめしたい方法の1つが「お仕事説明会」の開催です。

低いハードルで、多めにレスポンスを集める

お仕事説明会とは「在宅看護、訪問看護に興味があるなら、まずは説明会へ」といった表現で、まずは問合せも含めたレスポンスを多く集め、集まった方たちに囲い込みを行う手法です。

つまり、いきなり「応募・面接」というアクションを起こすのはハードルが高いので「訪問看護の仕事について良く知りたい」といった低いハードルで、多めにレスポンスを集めるものです。

もちろんハードルを下げた場合、「事業説明会」への参加だけで実際に就業されない看護師さん・療法士さんも出てきますが、

その分、説明会の参加者が多めに確保できれば問題ありません。

「事業説明会」では、訪問看護のお仕事についてのご説明や、事務所の見学、そして、経営者様の訪問看護への思いなどをご案内するとよいでしょう。

看護師さん・療法士さんへの質問や選考をともなわないだけで、面接時にご説明する内容とあまり変わらなくても大丈夫です。

見学会や説明会を通じて、情報を伝えるという手法は、今後さらに重要性を増してきます

これまで会社説明会や見学会、体験会というのは、新卒者向けで中途採用やパート・アルバイトの募集は、いきなり面接するものだと思われる方も多いと思います。

しかし訪問看護事業に限らず、まずは見学会や説明会を通じて、情報を伝えるという手法は、今後さらに重要性を増してきます。

訪問看護ステーションが「お仕事説明会」を開くメリット

(1)応募のハードルが下がり参加者が増える

いきなり面接に誘導するのではなく、まず会社説明会に来てもらい会社のことを知ってもらうことが目的です。「説明を聞いてみて、興味を持てば面接に進んでください」というアプローチなので、心理的な応募ハードルが下がり参加者が増えます。

(2)事業者と求職者のミスマッチが防げる

面接とは違い、会社説明会として自社を説明する時間があるため、企業理念や方針、業務内容などを伝えることができます。事前にしっかり説明して納得してもらうことで、入社後のギャップが少なくなり定着率も高くなります。

実際に看護師募集で「お仕事説明会」を開催して上手く採用できているパートナー企業様も多くいらっしゃいます。

また開業後、欠員補充や増員で募集される際も、「事業説明会」は活用できます。

もし、もっと効果的に「お仕事説明会」から採用につなげたい、という方や、「お仕事説明会」の細かい内容がよくわからない、という方がいらっしゃいましたら、別途有料で、弊社担当が訪問して、「お仕事説明会」の開催・運営を支援するサービスもございます。

是非、お気軽にお問合せください。